※ このブログではURL欄に「安全ではありません」などの表示が出ることがありますが、https接続ではないだけで、問題はありません。
これまで通り安心してご覧ください。

2022年04月07日

最近気がついた言葉の変化

最近気がついた言葉の変化

ありませんでした→なかったです
〇〇でした→〇〇だったです

ある→あります
ない→ありません

ある→あります
ない→ないです

あった→ありました
なかった→ありませんでした

あった→あったです
なかった→なかったです

〜だ → 〜です
〜だった → 〜でした

〜だ → 〜です
〜だった → 〜だったです

言葉の変化は、文法をより単純化する方向で起こるのだそうです。
丁寧に話すために複雑化しすぎた文法がわかりやすく単純に揃えられていくと言う事だそう。
そういう意味では「です」「でした」を使い分けるより「です」に「だった」を加えて過去形にする方がシンプルなのかもしれません。

さらに私たちの言葉の速さも影響しているように感じます。
例えば「昨日はいい天気でしたね」と言っていたところ「昨日はいい天気だったですね」と言うようになっている。
以前は「いい天気」まででいちど区切り、過去形にする為に「でした」と続けていました。
今は「いい天気だった」までを一気に続けて言い切り、「ですね」をつけて丁寧語にすると言う感覚なのでしょう。
言葉がより速くなり、より多くの単語が一区切りに含まれるようになっている気がします。
タグ:雑談
posted by 透子 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189437983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
↑PageTop
◇ このサイト内の画像・文章などの無断転載・無断複写はご遠慮下さい ◇ Copyright © 岸 透子 ALL Rights Reserved