※ このブログではURL欄に「安全ではありません」などの表示が出ることがありますが、https接続ではないだけで、問題はありません。
これまで通り安心してご覧ください。

2024年02月01日

今日の平袋絵

IMG_0428.jpeg
今日の袋絵。

ハガキやカレンダー等を入れる平袋や紙袋、それっぽいスタンプを作りたいけどなかなかデザイン決めきれず作れずにいます…

なので手描きで簡単な飾りを入れることにしています。
今日はお世話になった人生の大先輩のご婦人に。
posted by 透子 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年12月31日

8年後のアップローチ

8年ほど前、作業しながら最小の音量でラジオを聴いていました。


「そういえばアップローチ買ったんでしょ?」

「そう、わざわざ予約して発売日にゲットして」


アップローチ? 知らない…けど、当然みんな分かる前提で話してるな。Android専用のゲームか何かかな?


「でもあれバッテリーが18時間しか持たないんでしょ?」


ああ!!!

アップルウォッチ!!


アップルウォッチといえばバッテリーが18時間しか保たない、バッテリーが18時間しか保たないといえばアップルウォッチでお馴染みのアップルウォッチ!


当時、最初のモデルが発売され大きな話題になってましたが、注目点の一つが腕時計なのにバッテリーが18時間しか保たないことでした。

まあ筐体も小さいし仕方ないか、そのうち改良されていくだろうと思っていました。


あれから8年、ついに私もアップルウォッチを手にすることになった訳ですが、バッテリー保ちは相変わらず18時間のままでした…睡眠トラッキングもするのに?


でも心電図も血中酸素濃度も測れるし通知も見れるし何ちゃらPAYもできるし個展の時スマホを身につけてなくてもいいかもしれない。


よろしく私のアップローチ。



IMG_0186.jpegIMG_0145.jpegIMG_0146.jpeg
posted by 透子 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年10月24日

BUCK-TICK 櫻井敦司さん

BUCK-TICKは日本のバンドの中で一番衝撃を受けた存在で、一時期はライブにもかなり通いました。体調がかなり悪い時期、その苦しさを耐えるための支えにもなっていた気がします。
最近でも新しい作品に触れるたびに、さらに進化していることに衝撃を受け続けていました。

最初に出会ったのは多分デビュー時で、第一印象は「髪立ててるのにパンクじゃない?」でした。それから「惡の華」「太陽ニ殺された」など日本語で文学的なタイトルのバンドというイメージ。
私は小さい頃からロックが好きでよく聴いていたけど、ほとんどがイギリスやアメリカの洋楽で、当時はジャンルがはっきり分かれていて日本の曲はほとんど耳に入る機会がないような時代でした。
曲を聴いて衝撃を受けたのは1995年の「唄」。日本にもこんなすごい曲を作るバンドがいたのかと。それで他の曲も聴いたらどれもまた好みで、一気に全アルバム揃えたし次を心待ちにするようになりました。
ボーカルの櫻井さんの声も何か琴線に触れるものがあったように思います。

身体がいよいよ悪くなり東京を離れて、療養を経て絵の活動をするようになってからはライブにも行けずにいたけど、新しいアルバムを聴いたりライブ映像を見たりするたびに改めて衝撃を受け、魅了されてきました。
年齢を重ねて衰えてしまうアーティストも少なくないのに、BUCK-TICKは、あっちゃんはさらに進化している。引き締まって凄みが増している。それはファンとして嬉しいことであり、人として敬服することでもありました。

思えばあっちゃんはいつも死を前景においてそこから生の美しさを見つめるような歌詞が多い人でした。
若くして両親を相次いで喪い、その悲しみや悔いを受け止めて、歌詞に昇華したという曲もいくつもあります。
多分、自身の死も常に念頭にあったでしょう。
「いつか、こんな日が来ることもわかっていました」という今井さんもきっと。
だから最期までステージに立って歌い続けたのは覚悟の生き方だったのかも。

そう思うけどやっぱりまだ

これからもまだ次の段階があるはずだった。
同世代のちょっと先輩として、いい年のとり方を見せてくれると信じていた。
こんなに早くそれが失われるとは思っていませんでした。


でもあっちゃん、これからも尊敬してその歌を堪能していくよ。
今井も「続けるからね」って言ってるし。アニイもヒデもユータもいるしね。
これからもBUCK-TICKを聴き続ける。
posted by 透子 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年10月23日

アサギマダラ来訪

IMG_0039.jpegIMG_0038.jpeg

庭のフジバカマにアサギマダラが来ました。

写真を撮っていても動じず、そばに近寄っても逃げず、もう居なくなったなと思ってフジバカマを撮ってたら、また戻って来て至近距離で蜜を吸い始めたり。


自分には毒があるから無敵って思ってる?

人間は保護しようとすることが多いから怖くなくなってるとか?


なんにしても、長距離を移動する強靭な野生生物が、すぐそばで安心してお食事しているというのはなんだか面白い気分でした。

posted by 透子 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年10月16日

裏庭の小鳥の巣

DSC_3978.png


裏庭の紫陽花を剪定したら小鳥の巣がありました。

使われなくなってだいぶ経つ様子だけど冬には無かったので、この春〜夏にかけて作って育って巣立っていったようです。

小鳥は色々来ますが、どの鳥の巣なのかは分かりません。

葉が茂っていたとはいえ全然気付かなかった

posted by 透子 at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年09月15日

「草野心平と中原中也」@中原中也記念館

20230915-07.jpg

20230915-10.JPG

中原中也記念館で「草野心平と中原中也」を見てきました。
入り口にカンバッヂと豆本のガチャガチャがあったので、両方やって見ました。
カンバッヂは中也の直筆の文字で「祈」の文字、豆本は「末黒野」という短歌集が出ました。
なんか両方、今の自分の気持ちにすごくあっている気がして嬉しかった!
バッヂは早速カバンにつけて周りました。

展示では二人の手書きの原稿もテーマごとに並べてあって、比較することでそれぞれの特徴がよりはっきり伝わってきました。
太くて力強い心平の字と、万年筆の細くて綺麗な中也の字。どちらもデザイン的にもとても魅力的です。
手書き風フォント「中也体」「心平体」があったらちょっと使ってみたい。

それから当時の本や名刺もあったんですが、とにかく活字が小さい! 判型も小さい。心平が使っていたパステルも私の持ってるのに比べるとひとまわり小さい。
今は色々な物が使いやすく大きくなってきてるのを実感しました。
活字は本当に制約が多かったから…デジタルになって相当楽になりましたよね。

草野心平が中也の詩を朗読している音声も館内で聞くことができました。録音が残っているのはいいですね。
心平の言葉にもあったけど、中也の音声が残っていないのが本当に残念です。ご本人の朗読を聞いてみたかった…!

手書きの原稿を展示するのには学芸員の方々の大変なご苦労があるそうです。
資料を安全に管理して、整理して、私たちにも分かりやすい形にするのは想像を超える膨大な時間と知力、労力が必要だろうと思うと気が遠くなります。
その結果、私たちは精神の糧をもらうことができる。
本当にありがたいことです。

帰りはちょうどいい感じにバス待ち時間があったので、向かいの「狐の足あと」で中也柄カフェアートのカフェラテいただいてきました。
豆本と一緒に写真撮った。卓上にミニ大内雛もあったので写し込んだ。映えってこれでいいですか?

20230915-06.JPG
posted by 透子 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年08月12日

夏の記憶(ニセモノ)

20000802.jpg

夏、セミの声を聞いていると「小さい頃、夏休みに祖父母の家に行って遊び疲れた夕方に聞いたなぁ」とかニセモノの感傷に襲われるのは何なんだろう。
当時の祖父母の家は東京のマンションで、なんなら今ここが一番セミの声が間近で大きいまであるんだけど…

でもニセモノの記憶の中の子供の世界は未知の気になる物に囲まれて、とても楽しそうで、ちょっと探検してみたくなります。
posted by 透子 at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年08月08日

今年も花火を鑑賞できました

DSC_3880.jpg
DSC_3883.jpg

今年も自宅から花火を見られました。
最近、動画や配信で全国・世界の花火を楽しんでて、実体験できるのを心待ちにしてました。
山口のは盆地を取り囲む山々に反響する音の残響が印象深くて好きです。
水場じゃない場所で大変さもあるかもだけど、今年も開催されてよかった。

DSC_3888_cut.png
posted by 透子 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月30日

柱も庭もびっちょびちょ

IMG_9625.JPG

柱も庭も乾いてゐる
今日は好い天気だ

中原中也「帰郷」の冒頭を実感するのはこんな雨の日。
庭はもちろん、室内の柱も戸も、木の部分は全て触るとしっとり湿っていて、雨は室内にも忍び込んでます。
これがサラサラに乾いていたら、それは確かに好いお天気。
posted by 透子 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月01日

2023年もよろしくお願いいたします

2023年賀SNS用.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の年明けも家族でのんびり笑いながら、ときどき「ゆく年くる年」に映る景色にツッコミを入れつつ、穏やかに迎えることができました。
くろさん(猫)はアトリエの箱の中で湯たんぽとペットヒーターでポカポカ。

2023年が穏やかで良い年になるよう祈っています。

新年は「小さい絵展」(1月9日(月)〜21日(土) ゆう画廊)、そして「花の絵展」(1月23日(月)〜28日(土) ゆう画廊)でスタートします。
絵を描きながらの楽しい年末年始を過ごしています。


なおLINEのVOOMについて。
最近フォロワーさんに届きにくくなってきたようなので投稿を終了します。
Twitter、facebook、Instagramおよびブログで活動のご報告をしていますので、もしよければこれからはそちらをご覧いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いします!
posted by 透子 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
↑PageTop
◇ このサイト内の画像・文章などの無断転載・無断複写はご遠慮下さい ◇ Copyright © 岸 透子 ALL Rights Reserved