※ このブログではURL欄に「安全ではありません」などの表示が出ることがありますが、https接続ではないだけで、問題はありません。
これまで通り安心してご覧ください。

2019年05月30日

「岸 透子 水彩画展 - VOICES - 」搬入してきました!

oops-square.jpg

「岸透子水彩画展 - VOICES -」搬入してきました!

庭から見える植物や遊びに来る猫などを描いた水彩画30点と水彩画のアクセサリー、Tシャツや絵葉書、一筆箋などもあります。

植物も猫もそれぞれに独自の「声」があり、周囲を観察しては語りかけようとしています。
その声を聞き取り、植物なり、猫なりの生き方や考え方を理解したくて、その姿を描いています。

何を言いいそうか、ぜひ自由に空想しながらご覧ください。

2019年
5月31日(金)〜6月16日(日)
11:00〜19:00
※休廊日 6/5 (水), 11(火), 12(水) 
ギャラリーナカノ
〒753-0074 山口県山口市中央1丁目5-14
TEL:083-924-6648
posted by 透子 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2017年01月03日

2017年卓上カレンダーのご紹介

20170101.jpg

2017年版の卓上カレンダーです。
ハガキサイズ・横置き・全13枚(表紙+1月〜12月 各1枚)
プラスティックケース入りです。

絵 柄:
表紙…Life for celebrate I, II/遊びに来たよ
1月…Life for celebrate
2月…ひねもす
3月…翠雨
4月…春の色
5月…Life for celebrate I, II
6月…雨宿り(知らない猫)
7月…何してるの?
8月…森閑
9月…桔梗
10月…誰そ彼
11月…なによりもしあわせ
12月…雨の朝

サイズ:100mm×148mm(ケース:105mm×157mm×8mm)
価 格:1,000円


山口市のギャラリーナカノさんに置いていただいてますので、ぜひご利用ください。
また直接お申し込みくださってもOKです。20170101.jpg
どうぞよろしくお願いします!
posted by 透子 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2016年12月15日

「素・飾 展 [ II ]身体」参加のお知らせ

20161216-2.jpg

20161216-1.jpg

芦屋のギャラリーPawさんにて、今年を締めくくる展覧会「素・飾 展 [ II ] 身体」に参加します。
今回は水彩画のアクセサリーで、赤い薔薇の花弁と、雪モチーフのブローチやネックレスです。

飾りたくなる物、身につけたくなる物、をいろいろ考えてました。
この時期、身に付けたくなるのは暖かい物のはずなのに、なぜか雪の結晶も飾りたくなるのが不思議だなと思いながら作りました。

これ雪の結晶も全て手描きです。
去年撮った、椿の葉に積もった雪の結晶写真を拡大して見ながら、一番細い000番の筆で、ちまちまちまちまちまちま描きました。
まだ目を閉じると雪の結晶が見えてきます。

赤い薔薇の花弁は、庭で大事にしている長寿の薔薇です。
とても鮮やかに塗れました。

ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。


素・飾 展 [ II ] 身体

素材シリーズ9月/飾・Part I 住空間に続き
12月は身体の装飾をテーマに
様々な作家 24名による作品展

2016年12月16日(金)〜25日(日)※ 12/9(月) 休み
12:00〜18:30(最終日〜17:00) 

ギャラリーPaw
  〒659-0064
  兵庫県芦屋市精道2-15
  TEL 0797-32-1791
20161216-3.jpg20161216-4.jpg20161216-6.jpg
posted by 透子 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2016年04月27日

水彩画展 ─翠雨─ 開催中です

IMG_1058.jpg

「翠雨」

遥かな彼方から落ちてきて
身を打つ雨
花は落とされ
枝は重く垂れ下がる

でも花が落ちれば
葉が伸びられる
雨を恵みに変えて
桜は次へ進む


○.。・*゜*・。.○.。・*゜*・。.○.。・*゜*・。.

今回は初の試みなんですが、いくつかの絵に言葉を添えてあります。
どうしても、言葉でなければ表現できないものがあったので。
拙いものばかりなんですが、どんなもんだか、ご感想をお聞かせいただければ嬉しいです。

posted by 透子 at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2015年01月21日

「ごきげん」201501

c036goodmood-frame2015-2.jpg

ご依頼で描いていた猫が無事お嫁入りしました〜。

「ごきげん」の猫をというご希望だったので、人が好きな猫で「なにしてるの?」「遊ぶ?」と寄ってくる様子をイメージして、ご依頼主さんやお店のお客さまにも福を運んでくれそうな、ふっくら柔らかそうな感じを目指しました。
うわ〜可愛い〜! と大変喜んでいただけたので、私も満足です。


描いている間は、ずっと絵の中の猫と会話してる感じでした。
こちらの気の持ちようが絵の表情に反映されて見えて、厳しい気持ちで描いてると猫の顔も険しくなってしまうし、ちょっと気が抜けてると「そんなんで大丈夫? しっかりしてよ」って表情に見えて、気を引き締め直したり。

いよいよ額に入れる時は、絵の猫の顔が「これで僕完成なんだね」と誇らしげに見えました。

うまく完成してくれて本当に良かった。これから可愛がってもらえよ〜。
posted by 透子 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2014年08月22日

Gallryに「森の中」と「靄の中」をアップしました

今年の個展に出品した中から、なんとなくシリーズっぽくなってきた「空飛ぶリボン猫(仮)」シリーズのをふたつアップしました。

なんだかメニエールが再発したりして、サイトへのアップも随分遅れてしまいました。

「森の中」


空飛ぶリボン猫(仮)のひとつ

深い深い森の中


「靄の中」


靄(もや)に包まれた草原の上でふと振り返るリボン猫

こちらはネット上だと見辛くなっちゃったけど、白猫が飛んでいます。猫だけアクリルガッシュでちょっと盛り上がっているので、原画だとちゃんと見えてるはずです。
posted by 透子 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2014年05月21日

Galleryに「赤い葉の薔薇」をアップしました

赤い葉の薔薇

赤い葉の薔薇

ほのかに赤みがかった淡いピンク色の花を咲かせる、香りのいい薔薇。

秋から冬にかけて、葉の色は、花からは想像できないほど濃い赤になります。

………………


今年の個展の準備をしている頃、まだ寒い中でちょうどこんな風に咲いていました。
今頃もまたちょうど花の季節で、こんどは真緑の葉の上で白い花を咲かせています。
今期はあまりピンクじゃないのね。

期間中、早めにお嫁入りが決まった作品の一つです。

タグ:水彩画
posted by 透子 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2013年12月25日

Galleryに「プレゼントいっぱい」をアップしました HAPPY CRISTMAS!

i010present.jpg

「プレゼントいっぱい」

プレゼントがいっぱい。
きれいで、特別で、楽しそう。
そんなところには必ずヤツがやってきます。


ぴかぴか(新しい) H A P P Y C H R I S T M A S  ぴかぴか(新しい)


タグ:水彩画
posted by 透子 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2013年07月10日

Galleryに「わがままねこ」をアップしました

c032egoistcat.jpg

わがままねこ

入っちゃダメって言ってるのに、追い出そうとする手の間から入っては、ひっくり返ってゴロゴロして「僕ここの猫なの出ていかないの」と主張するわがまま猫。
ひっくり返って嬉しそうにして見せれば、“かわいい猫ちゃん”に弱い人間は追い出せなくなると思っているようです。
小さい頃から警戒心が薄く人懐っこい猫でしたが、3歳半を過ぎて中年の図々しさも加わってきて、ますますわがままっぷりに拍車がかかっています。

今年3月の個展に出した一枚。良い方のところへお嫁入りしました(^-^)
posted by 透子 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記

2013年05月21日

Galleryに「咲く - 赤い薔薇 -」「赤い薔薇」をアップ

f058alive-redrose.jpg

「咲く - 赤い薔薇 -」


f059redrose.jpg

「赤い薔薇」


サイト開設6周年!

ということで、赤い薔薇の絵を二つアップしました。
私が子供の頃からある、真っ赤な一重の薔薇です。

葉っぱを虫に食われていて、でもそれを気に病むでもなく、無事だった花弁を楽しげに開こうとしている、そして精一杯開き切った姿を描きました。

あっちこっち欠けたり健康じゃなかったり、思い通りの伸び方が出来なかったり、それどころか最低限 必要なはずのことも出来なかったり、
それでも無事な部分もあるなら、それを精一杯咲かせよう
そんな薔薇は美しいものです。

これから開こうとするつぼみは、瑞々しくて輝くような魅力にあふれています。
開き切った薔薇は堂々として、その時にしか見ることができない美しさをもっています。


私も出来ることを精一杯やればいいのかな、と思わせてくれる、凛とした姿です。
posted by 透子 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gallery更新日記
↑PageTop
◇ このサイト内の画像・文章などの無断転載・無断複写はご遠慮下さい ◇ Copyright © 岸 透子 ALL Rights Reserved