※ このブログではURL欄に「安全ではありません」などの表示が出ることがありますが、https接続ではないだけで、問題はありません。
これまで通り安心してご覧ください。

2021年09月09日

「こころで描く十五夜展」のお知らせ

IMG_7266.JPG

月が綺麗な季節になりました。
今月は月をテーマにした企画展に新作を出品します。
満月の夜、私たちとは違う世界に出かけていく猫の絵を描いています。
月夜の空に想いを馳せながらご覧ください。

お月さん、ありがとう!「こころで描く十五夜展」
9月17日(金)〜10月3日(日) 11:00-17:00
(休)9/21(火)、22(水)、27(月)、28(火)、29(水)
ギャラリーナカノ
山口県山口市中央1-5-14

#展覧会 #絵画 #水彩画 #透明水彩 #月 #猫 #ねこ #art #artwork #exhibition #watercolor #painting #moon #cat
posted by 透子 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2021年06月14日

2021個展 無事終了しました

IMG_7141 (1).jpg

「岸 透子個展 重なり合う別世界」
無事終了しました。ありがとうございました。
会期中は多くの方にお出かけいただき、ゆっくりお話しできたことを心から感謝しています。

「隣にいる別世界の住人たち」について、色々な視点からご自身の思いや経験を語ってくださったり、こちらの話を聞いてくださったりと、本当に楽しく、世界が広がる時間になりました。

実は準備中、今年こそ開いていいのかと迷う時もありました。
でも苦しい状況の中、皆さんが辛い思いや不安を抱えながら、それでも懸命に踏ん張って日常を送っておられる事を思うと、少しの間でも別世界に心を馳せて気分転換していただく機会を作るのが、絵画や言葉の役割なのでは無いかと考えました。
多くの方に楽しかった、癒されたとお伝えいただき、今はホッとしています。
このような機会をくださった、応援してくださった皆様、ギャラリーナカノの皆様に本当に感謝しております。

今回も作品とともに言葉も展示しましたが、これを作品としてどう発展させられるか、今も悩みの中ではあります。
より伝わる表現を目指して描き続けますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

#個展 #水彩画 #透明水彩 #exhibition #art #watercolor #painting #gallery #Yamaguch
posted by 透子 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2021年05月26日

2021年05月25日のTwitter


posted by 透子 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2021年01月18日

「花の絵展」のお知らせ

DSC_0586.jpg

今日から銀座のゆう画廊で「花の絵展」が始まります。
私も水彩画3点で参加しています。

心配な状況ですが、こうして創作・発表を続けることが、どこかで誰かの心に役立つと信じて、私たちは活動を続けています。

無理にお出かけをお勧めすることはしません。
ただ、常に耐え忍ぶだけでなく、時には視点を変えていろいろな表現者の見ているものを眺めて、自由に自分の内側と対話してみてください。
きっとまた、困難に耐える力が復活します。

「花の絵展」は今週土曜日まで。
東京・銀座にお出かけになれる方は、ぜひ実際の作品をご覧ください。

「花の絵展」
1/18(月)-23(土) 12:00-19:00(最終日-16:00)
ゆう画廊
東京都中央区銀座3-8-17 ホウユウビル5/6F

202101hananoeten.jpg

#ゆう画廊 #銀座 #展覧会 #透明水彩画 #花の絵 #薔薇 #art #exhibition #ginza #watercolor #painting #flower #rose
posted by 透子 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2021年01月05日

「小さい絵展」のお知らせ

DSC_0466.jpg

「小さい絵展」ゆう画廊(東京・銀座)

6×7cm位の水彩画5点で参加してます!
手描きの絵を切り取って固めました。
壁に直接、お手軽に飾れますよ。

1/7(火) - 15(金) 12:00-19:00 ※1/11日曜休
ゆう画廊
東京都中央区銀座3-8-17 ホウユウビル5/6F

IMG_6372.jpg
posted by 透子 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2020年10月19日

「- 0の世界 - OCTOBER 0展」に参加します

DSC_9735 (2).jpg

0号サイズ限定の企画展に参加します。
ヤマザクラの紅葉がステンドグラスのように見える小さな窓を作りました。
窓辺にひとひら落ち葉が乗っています。

透明水彩画と立体額、本物の取っ手を使った半立体作品2点です。
(※取っ手はあるけど額縁なので窓は開きません)

来週、銀座界隈にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

「- 0の世界 - OCTOBER 0展」
10/19(月)-24(土) 12:00-19:00(最終日-16:00)
ゆう画廊
東京都中央区銀座3-8-17 ホウユウビル5/6F

DSC_9709.jpg
posted by 透子 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2020年06月29日

2020個展 無事終了しました

20200628-01.jpg

岸 透子水彩画展 2020 無事終了いたしました。
世界がどう変化するのか見通せない中で、いつも通りにお出掛けくださり、作品を楽しんで、あたたかい励ましの言葉をくださった皆様に、本当に感謝しております。

5/21のプレオープンから1ヶ月超に渡った異例の会期でしたが、皆様に応援していただいて改めて「これからの世界でも絵や言葉、美術、表現は大切な役割を果たせるのではないか」と希望を感じることができました。

また私自身とても楽しく、有意義に過ごし、健康のうちに終えることができたのも、皆様の支えとご理解のお陰です。

今回はまず、本当に展覧会を開けるのか、開いていいのかとの葛藤から始まりました。が、中野さんの「開きますが何か?」という感じのブレない力強い姿勢に安堵し、できる限りの事をしようと心を固めることができました。
急激な変化になんとか合わせようと、とりあえず考えられる事を試すのが精一杯で準備不足の事も多々ありました。もっと他に良いやりようもあったのだろうと思います。
会期中に皆様とお話ししながら気付いたり、教えていただいたりすることも多くありました。

それでも、前々からやりたかった「絵と文章の展示」を思い切って行えて、様々なご感想やご好評もいただけたことは大きな収穫でした。私の不器用な人生の中で、ピンチをチャンスにできたと感じられる、珍しい機会です。
今後はどういう作品をどう作っていくのか、まだ自分の中でも不明瞭な部分も多いですが、描きたいもの、表現したいことが沢山あることを再認識することができました。これは本当に稀有な貴重な機会です。
とりあえず少し休んで、またぼちぼち制作に取り掛かろうと思います。

ご来場くださった方、応援してくださった方、SNSやWEB発信をご覧くださった方、ギャラリーナカノの皆様、本当にありがとうございました。

20200628-02.jpg20200628-03.jpg
posted by 透子 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2020年05月29日

個展作品ご紹介「病葉と彩り」

f075_02.jpg

f075_03.jpg

F075_04.jpg

◆個展出品作のご紹介

「病葉(わくらば)と彩」 2018年

私は花を描く時、その姿を人間や人生の流れになぞらえるように捉えています。擬人化の逆の、擬植物化というか。

特に自分が病気があるせいか、傷つき病んでも生き続ける姿に心惹かれます。
葉や花弁が虫に食われてもそのまま生き生きと花を咲かせる姿を見ると、傷ついていてもいいんだなと安心します。
病気の葉の変色は痛々しいけれど、時にその色が他にはない美しさに見えます。今までお会いした中にも、病んで体が衰え、その苦痛とともに生きる時にしか得られない、揺るぎない美しさをたたえている人がいました。

植物の声は私たちには認識できないだけで、本当は彼らも苦痛や不安を感じ、時には愚痴を言いながら生きているのかもしれません。
それでも彼らは受け入れ、ただそのままに生きている。
そこが魅力的で、憧れるのかもしれません。

https://www.lucidcolor.net/gallery/flowers/index.html#F075

#水彩画 #透明水彩 #薔薇 #個展 #展覧会
posted by 透子 at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2020年05月15日

2020「岸 透子 水彩画展」のお知らせ

202005exh_card.jpg

これまでとは違う日々が訪れ、世界が変わりつつある中、今年も個展を開催させていただきます。
ここ数ヶ月は悩みに悩みました。
4月5月に予定があった東京での展覧会はみんな中止や延期になって、周りからも今は見に行けないとの声が聞こえ、私自身も免疫系の疾患持ちなので不安もあり…。
でもこういう厳しい時には、ひととき、日常を忘れたり、違うものごとに目を向けたりする機会が人にはどうしても必要なんじゃないかと思っています。

そこで今回は、絵と共にそこに込めた想いや情報もご覧いただけるように展示することにしました。会話しなくても、お目にかかれなくても鑑賞していただけます。
ちょうど作家活動15周年位になるので、過去の作品で特に思い入れのある物も改めてご紹介します。
また5/21〜24はプレオープン期間として、Tシャツや複製画など身近に楽しめるアートグッズを中心にゆるゆる始まります。これらも広告印刷業で鍛えられたスキルで私が作っているオリジナルグッズ。ぜひお気軽に水彩画をお楽しみください。

風通しを良くして、消毒などできる限りの注意をはらって、これからの展示のあり方を模索しています。
期間中はWEB発信もする予定。
無理なく、ご覧になりやすい機会を見つけてお楽しみいただけたら幸いです。

正直ね、悩んだりしすぎて準備が遅れてお知らせもギリギリだよね!でも頑張りますので!

どうぞよろしくお願いします。



岸透子 水彩画展
5/21(木)〜6/14 (日)

ギャラリーナカノ(山口市)
Open:木〜日曜日  11:00-18:00 ※月〜水曜:休廊
posted by 透子 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ

2020年02月13日

「県美界隈展 「花」、Y氏と共に」に参加しています

20200213_01.jpg

吉村芳生さんに「花を描く時、花は吉村さんにとって何ですか」と尋ねたら、「彼岸だ」と答えてくださいました。

それはどんな心境だろう。
花は命であり、此岸にある。それぞれが生き、死に、全体は続いていく。命の連続が彼岸の風景を作っていく。
表と裏が連続して入れ変わるメビウスの輪。
この世がすなわち彼岸であり、彼岸は此岸の命の中にある。

参加にあたっては「吉村芳生さんの七回忌に一人1点ずつ出品して花の作品展を」と聞いただけでしたが、私なりに「45名の花が会場を埋め尽くし、全体で一つの作品となる」というイメージを持って、その一部になれるように、「此岸」の力がこもるように花を描いてみました。
一つ一つの作品の力が極まれば、きっと展覧会は彼岸となって吉村さんの元に届くのでしょう。

展覧会は観る方があってこそ。
ぜひお出掛けになって、この作品を吉村さんに届ける力を加えてください(´∀`*)

県美界隈展 「花」、Y氏と共に
2020/2/13(木)〜3/1(日)
11:00-18:00
※ 2/18(火)、19(水)、25(火)、26(水)休廊
ギャラリーナカノ
山口県山口市中央1-5-14

20200213_02.jpg
20200213_03.jpeg
posted by 透子 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会のお知らせ
↑PageTop
◇ このサイト内の画像・文章などの無断転載・無断複写はご遠慮下さい ◇ Copyright © 岸 透子 ALL Rights Reserved